ED治療の副作用とは?
わたしが試したED精力剤
EDの治療方法
心因性EDとは!?
EDになる要因
精力剤サイトの選び方
薄毛芸人の悩み

ED治療薬を服用すると、副作用と思われる症状が少なからず出ることがあります。個人差もありますが最も多くの方が感じる副作用としてでは、『顔のほてり』が代表的です。ED治療薬を飲んだ後、効き始めるとほぼ同時くらいに顔がほてる感覚がありますが、ED治療薬を飲むことで、性器だけでなく、全身にも少なからず影響しているので、血管の拡張作用によって顔が少し熱くなったり、赤くなったりします。お酒を飲んだときのような感じと似ているかもしれません。

しかしこれらは一時的なものですので心配することは全くありません。その他にも、『鼻づまり』『頭痛』視界が少し青っぽく見えたりする『視覚異常』などの症状が現れることがあります。これらの症状も治療薬の効果がなくなる頃には一緒に消えて無くなりますので心配はしなくて大丈夫です。他にも『胸やけ』『下痢』『関節痛』なども症状として出ることが稀にあります。

どの副作用も重大なものではありませんが、気になる方は服用量を減らしたり(※例えば100mgのバイアグラを半分にカットして50mgにして服用するなど)医師に相談して他の医薬品を試してみるなどして、自分にあったED治療薬を探してみるのが良いかと思われます。稀に効きが強過ぎて、行為が終わったあとでもしばらく硬いままだったり、翌日の朝勃ちの勢いがすごかったりというようなことはあっても、「24時間1日中勃ちっぱなし」というようなことはありません。

これとは逆に、勃起状態が長く続きすぎるのは危険です。性器が損傷して勃起機能を失ってしまう可能性がありますので、服用後4時間以上勃起が続く場合は、すぐかかりつけの医師などを受診するようお願いします。

ED治療薬の特徴
ご利用にあたり
運営・編集